お仏壇・仏具・漆器・寺院用品・墓石施工工事一式のことならお任せ下さい!
 今からさかのぼること800年、源頼朝の時代に稲庭の地を治めていた小野寺氏の弟が、農民に内職として武具に漆を塗ることを教えたのが始まりです。

 やがて江戸時代の後期になると、いよいよ現在の川連漆器の主流である"日用食器としての椀"が作られるようになりました。
 武具から始まった漆塗りは、伝統を守りながらも時代に即応したものづくりにチャレンジし、今では幅広いアイテムを開発しています。丈夫で使い易い、実用漆器です。

三宝 -さんぽう-

お月見やひな祭り、節句など、用途は多彩です。

片口 -かたくち-

お酒を入れておく酒器です。お花を活けても◎。

ぐい呑み -ぐいのみ-

軽くて手に収まりの良いぐい呑みです。

岡持ち -おかもち-

お盆や盛器、手許箱としても。

多目的器 -たもくてきうつわ-

名前の通り仏器や高月等多目的に使える器です。

多目的箱 -たもくてきばこ-

文箱や小物箱に。食べ物を入れるのにも使えます。

三段重 朱 -さんだんじゅう-

スタンダードな朱色のお重です。
4.5寸 13.6×13.6×13.6cm(内寸 12.3×12.3×3.5cm)

外柄 黒 -そとえ-

お重を納めて持ち運ぶためのものです。
寸法 17.5×16.5×21.0cm(内寸 16.0×14.3×18.6cm)

三段重 桜蒔絵 -さんだんじゅう-

枝垂桜の蒔絵が華やかなお重です。
寸法 11.5×10.5×15.5cm(内寸 10.2×9.1×3.0cm)

外柄 溜色 -そとえ-

桜蒔絵の三段重とセットの外柄です。
寸法 13.6×13.4×19.7cm(内寸 12.0×11.0×17.0cm)