お仏壇・仏具・漆器・寺院用品・墓石施工工事一式のことならお任せ下さい!

●墓石購入前に

・いつお墓を建てるべきか

・墓石購入から施工まで

・墓石の選び方

●生前墓のメリット

●プレゼンテーション

●耐震工事施工

●オリジナル耐震棒

●墓石施工例

●文字彫刻

●自社工場

寿陵墓とは?

 最近、生きているうちにお墓を建てる人が増えています。
 生前に建てたお墓の事を 「寿陵(じゅりょう)」といいます。 

 皆さんも見たことがあると思いますが、名前や戒名が朱色で塗られたお墓のことです。

 古書にも書かれていますが、生前にお墓を建てることを「寿陵」「寿墓」「寿塚」「逆修墓」「生前墓」などといい、寿陵墓とは、長寿・寿命を願う、おめでたいお墓で、元々古代の中国から来た縁起の良い風習です。
 秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆、生前墓である「寿陵」を建立しています。
 日本では『生前にお墓を建てるとその一家が繁栄する』『長生きする』『家内円満になる』、という話もあり、仏教の考えでは、生前に死後の冥福を祈り、仏事を行うことを「逆修」といい、七倍のご利益があるとされています。

 生前にお墓を建てるということは、あまり知られていませんが、日本人は1500年以上の昔から生前にお墓を建てる習慣があります。例えば、堺市の「仁徳天皇陵」や南河内郡太子町の「磯長陵」(しながりょう聖徳太子のお墓)などは生前に建てられております。頭脳明晰で長壽の二人を鑑みても生前に建てた方が縁起がよいのかもしれません。
 最近の流行は「自分で選ぶこと」にあるようです。昔とは違いユニークな型や鮮明な彫刻が容易になり、さまざまなご要望にお応えできるようになりました。自分だけの大事なものを表現してみてはいかがでしょうか?

生前墓建立のメリットは?

 『生前墓』を建立される方が多くなってきたのは『家族に負担をかけないように』『自分が生きていた証を残したい』『自分好みの言葉を刻みたい』等、後に残ったご家族への負担を軽減したいと考える方が増えてきた為ではないでしょうか。

 誰か身内が亡くなった時、「すぐにお墓を・・・」といっても、墓地の立地条件や交通の便などを考えていると意外に時間が掛るものです。
 満足のいく墓地を見つけることはそう簡単なことではありません。

  

 実際墓地を建てるにしても、石材の加工や工事期間を考えれば最低でも1ヶ月以上はかかってしまいます。 その意味で寿陵を建てておけば、いざというときでも「安心」です。

 まず、何よりも後に残った家族への負担を軽減することができるからです。 また、お墓は課税の対象にはなりませんので、相続の際に相続税はかかりませんし、不動産取得税・固定資産税などもかかりません。

 親が寿陵墓を造っておけば、相続の時に墓地代は除外することができるのです。
お墓だけでなく仏壇や礼拝物などは、高価なものでも税はかからないので節税対策としてのメリットがあります。